Java Scriptを有効にして下さい。

今までありそうでなかったコーティング剤です。

コーティング施工をする目的は、素材の劣化を防ぎ美観を維持することです。 ところがシミのつきやすいキッチン天板の人工大理石や、手垢のつきやすい金属の 手すり用のコーティング剤はありませんでした。 マルチガードはそのような素材の美観維持管理のために開発された、画期的なコーティング剤です。

  上の写真のマルチガードは4Lです。(1Lタイプもあります。)業務用等で大容量が必要な場合はお問い合わせ下さい。

マルチガードご購入


MEMO・・・例えば既に、素材の保護にワックス(固体/液体)等でコーティングを行っていた場合、前回作業の保護剤をすべて除去する剥離作業が必要になります。(前回の保護剤を残したまま上塗りは通常行いません。)すべて剥離後に新しい保護剤でコーティングを行うため、剥離作業費用や、廃液が大量に生じることで廃液処理費用、作業時間と乾燥待ち時間がかかります。また、前回使用の保護剤によっては、前処理費用が今回のコーティング費用より多額になることもあります。

このような剥離のためのよけいな費用と、時間を削減した<剥離不要>の画期的なコーティング剤が、ストーンマスターから新発売の「マイクロシーラー・マルチガード」です。
ご不明な点は弊社まで事前にお問い合わせ下さい。

「 公共試験データ 」

<金属の用途例>
金属へのコーティング施工の重要性は、劣化防止はもちろん、手垢の付着防止に大きな効果を発揮します。
金属製の手すりやエレベーターのスイッチ周り等にマルチガードを施工しておくと、手垢の付着が軽減されます。

マルチガードご購入

<CFフロアー、Pタイル、化学床の用途例>
一般的な床材には樹脂ワックスを塗布して汚れ防止を行うことが多いですが、耐久性に問題がある上定期的に行う剥離作業が大きな環境問題となっています。
マルチガードは何度リコートを繰り返しても膜厚が常に一定のため、剥離作業の必要がありません。

マルチガードご購入

<ゴム、プラスチック等の用途例>
ゴムやポリカーボネート等、今までコーティングをしたくてもできなかった素材に、マルチガードは塗布することを可能にしました。
ゴムのタイヤと金属のホイールを養生すること無く、一緒に塗布することができます。

マルチガードご購入